<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


思い出を描く 天元台スノーハイク」






f0344254_04264526.jpg

本当は、西吾妻山に登る予定だったのに、強風でリフトもロープウエイも止まり

仕方なく、行ける所まで歩いて登り、下りは閉鎖になったゲレンデの

ド真ん中を歩いて降りてきました。


思わぬ、スノーハイクになったわけですが…

こーゆう予期せぬ不運な状況になった時、

いつも、ブツブツ文句を言いながら歩く私と違って、

うちの奥さんときたら「わ~~~っ ゲレンデ独り占めなんて、最高の気分ね~」

などと言いながら、どんどん先に行ってしまうんです。


(右前方に見えるレンズ雲が、風の強さを物語っています)






[PR]

by shimasaan | 2018-05-20 04:31 | 山の水彩画 | Comments(4)

うれしいファンレター






夕方、仕事から帰ってくると、机の上に大型のレターパックが?

「あなた、だれ、その女の人!」

と奥さん。



……「ああ、岩手県の、ほら正月にも年賀状をくれた

あの、ビギナーの山ガールの子からだよ」

「あらそう、差出人の名前、よく確認しなかったから」


「でも、何だろーね、この分厚い中身?」


と言いつつも、私の手はDVDデッキのリモコンに。


そうなんです、大相撲ファンの私、帰宅したら

一刻も速く録画してある今日の取り組みを見なくっちゃ………



で、晩酌もしていたので、

夕食後には、自室の机で、いつの間にか(イス眠2時間!)

目覚めてからお風呂に入って、すぐフトンに……



で、今朝3時40分に起床して、すぐにレターパックを開けたら





f0344254_04424743.jpg

こんなものが、入っていました。


手紙には、「試しに今年は山岳会の人と一緒に冬山にも」行ってみた

話とか、「夏は熊の巣で登れない鎌倉森に」登った写真とか、

とても楽しそうに地元の山歩きのレポートが。


そして、最新版の「岩手県の山」ガイドブックと「網張温泉展望リフト」の

パンフレットまで……



う~~ん、今年は、岩手山から網張温泉を歩いて見ようかな~





[PR]

by shimasaan | 2018-05-18 04:45 | その他あれこれ | Comments(6)

西吾妻山行のハズが、スノーハイクに……





この1年間の、日頃のおこないが悪かったんでしょうか



昨年のGWは、徳本峠と岳沢で最高の残雪歩きを楽しめたのに

今回は、寒冷前線と強風で、ほとんど雪山歩きはできず、


でも、泊まったペンションと温泉宿がとても快適で

まあ、それなりに楽しい3泊4日の東北のGW旅でした。


そんなわけで、レポートはちょびっとだけです



f0344254_12493060.jpg

天元台スキー場は、たしか~新婚時代に1度だけ訪れたけど

もう40年以上も前なので、その時の記憶はほとんどなし。

で、インターネットで見つけたペンション「かもしか」へ





f0344254_12492658.jpg

2日目の予報は、「寒冷前線の通過で、雷雨突風の恐れあり」

ということで、とりあえずリフト2本を乗り継いで

中腹のレストハウスで天候待ち。

でも、どんどん怪しい雲行きに……

やはり雷雨は嫌なので、結局、コース脇を下山することに





f0344254_12492292.jpg

さて、3日目の朝、外をみると一面の新雪がつもり

ビュンビュンとみぞれ混じりの横風と

山頂方面は濃いガスでまったく視界なし……

で、スタートを約1時間遅らせてから、昨日と同じレストハウスまで

あがり、天候待ち………さらに約2時間半待って、もう13時!





f0344254_12491748.jpg

コレじゃ、西吾妻山往復は出来ないが、せめて稜線辺りまでは

登るつもりで、最後のロングリフト乗り場に行ったら、

「いま、規定の風速オーバーしたので、リフトは動きません!」

だと。再開の見込みも無いと言うので





f0344254_12491361.jpg

「うんじゃ、歩いて登れる所まで登ろう」と、登りはじめると

……上空は、だんだんガスが晴れてきて、さらに良くなりそう

「やったね~」などと、期待に胸を膨らませながら





f0344254_12490925.jpg

……リフト最終地点まで。一汗かいて登ってちょっと休憩してたら

係員がやってきて、「いまパトロールからの連絡で、ゲレンデが封鎖に

なったので、それ以上登らせないように指示があったので、今すぐ

ここから下山してください!」と言うではないか。

「なんでー、ぼくらゲレンデとは関係ない山ヤなんだから」と返答すると

「登山者も、という指示なので、とにかく降りてください!!」

と譲らない。

(まあ、百名山の登山者なら、強引に行ったかもしれないけど)

「じゃ仕方ない、降りようか~」ということで………





f0344254_12490563.jpg
(飯豊連峰がわずか望めました)

で、ノンストップで下山して

ペンションに預けてあったザックを担いで、ロープウエイ乗り場へ

ここでも強風のため、しばらく待たされたあと、乗客3人で出発して

…すこし降ったら…ゴンドラがグラングラン揺れだして……

「お客さん、これじゃ鉄塔通過は危険なので、戻ります」

と山頂駅へ逆戻り!

「風速20メーター超えてるし、さらに強まる可能性もあるので

今日はもう、運転出来ないかも」なんて!






f0344254_12490011.jpg

でも、ラッキーだったのは、もう雪解けで、くねくねの車道が通れる

とのことで、急きょ山麓駅までバンで送ってくれました




f0344254_15525303.jpg

そんなわけで、最終日は山麓の白布温泉「中屋別館不動閣」に泊まり、

源泉かけながしの温泉と、米沢牛のスキ焼きと、地酒3銘柄セットで、

不運な山行のダメージも、すっかり回復したのでした。






[PR]

by shimasaan | 2018-05-07 13:01 | 温泉宿泊まり山行 | Comments(4)
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31