湘南ハイク





図書館で見つけたばかりの本なんですが

今年の春に、こんなガイドブックが、出版されていたなんて知らなかった

ので、ご紹介します





f0344254_05093285.jpg


サブタイトルに、

「鎌倉・逗子・葉山・横須賀・三浦の山歩き」とあるんですが…

まあ、山歩きというより、お気楽ハイクのコースばかりで

「初心者もウエルカム」

「四季折々の楽しみ」

「ランチは地元名物で」

とあって、奥さんに見せたら、

ハイクのコースより、地元なのに知らなかった美味しそうなお店の紹介記事

ばかり見ているんです……



で、後で私も見てみたら

紹介されている16のコースは、すべてトレース済み。

でも、湘南の低山に興味のある方とか、山歩きのついでにグルメもしてみたい人には、

おすすめです





(おまけ)

海辺の絵は、まだまだたくさんあるんですが……




f0344254_05092764.jpg

「わたし、まだ波がこわいの」




f0344254_05092388.jpg

「黒崎の鼻夕景」








[PR]

# by shimasaan | 2018-11-16 05:11 | その他あれこれ | Comments(2)

富士山の見える山ベストコース45







今まで2度ほど図書館で借りて、見ていた本なんですが

内容的に、とても貴重なガイド本なのと、


ある想いから……蔵書としておきたくて、IT注文し手元に届きました




f0344254_10093535.jpg


ベストコース45については、

「富士山周辺」「丹沢・箱根」「伊豆・駿東」「高尾・道志」「大月・大菩薩」

の地域にある、オススめの富士山の見える山の詳しいガイドになっていて……


数えてみたら、私そのうちの20山には登っていました。



さらに、この本が貴重なのは「富士山展望写真267山」という

著者の佐古清隆氏が、自らの足で登り、撮影した場所と撮影日のデータ


たとえば、北アルプスの白馬岳、頸城山塊の火打山、尾瀬の燧ヶ岳などなど

相当に離れた山からも、見事な富士山が見えることを実証しているんです。



で、私の<ある想い>とは……

アラエイティぐらいになったら、この本に紹介されている(すくなくとも45山には)

自らの足で登り、山頂で目の前の富士をスケッチし、

家に持ち帰ってから、じっくりと筆をとってみたいなァ……なんて、思ってるんですが


はて、その頃になっても、まだ登れる余力が残っていますかね~




(おまけ)

海辺から、富士を描いた絵は、すでにたくさんあるんですが……




f0344254_08373547.jpg

(御用邸前小磯からの富士)





f0344254_08373078.jpg

(三浦半島・小網代湾からの富士)









[PR]

# by shimasaan | 2018-11-13 08:45 | その他あれこれ | Comments(6)

丹沢の、つもりが裏山周回歩き






この「文化の日」の連休は、はじめの計画では

山梨県勝沼の「新酒ワイン祭り」を、久しぶりに楽しんで現地泊。

翌日は、近くのハイキングコースを歩くというものでした


が、宿がどこも満室で、とれないので

日にちを1日ずらし、新酒ワイン祭りの代わりに(?)

ブドウ農家民宿に泊まって、その家の新酒を味わって……


て、思っていたのに、天気がどうも悪そうだし、

今年は、いろいろお泊り山行してきたので、急きょ

地元の丹沢に、久しぶりに日帰り山行し、下山後は本厚木で例のご贔屓の

ホルモン焼き店に行くつもりでいたら……



前日の金曜日午後、乗換え駅で時間が短く、駅の階段を駆け上がって

なんとか逗子行きに乗れたのは良かったんですが……


だんだん、右太ももの裏側が痛くなり出して……

逗子駅前で、バスを待っている間にさらに痛くなり……バスを降りて

自宅までの坂道は、もう、やっとの思いでたどり着きました。



で、後から帰宅した奥さんに、

「残念な報告が…金時山の下山道で起きたと同じ、右太もも裏の痛みが

出ちゃって、明日の丹沢はダメみたい」

「で、今はどうなの?」

「あの時と同じように、だんだん痛みは治まってきたけど…」



というわけで、でも朝になったら、すっかり痛みはなくなっていたので

まだ寝ている奥さんに、メモを残して家を出ました。

「どこまで歩けるか不安だけど、テストで裏山を歩いてきます

10時には戻る予定、ケータイ持っているので、なにか起きたら連絡します」




前置きが少し長くなってしまったので…あとは、サササッといきましょう



f0344254_09175038.jpg

07:50に自宅を出て、実教寺脇から山道に入りました

「イノシシ注意」の看板が





f0344254_09174588.jpg

コレが、今日の前半のコースです





f0344254_09174102.jpg

落ち葉の、深々とした道がイイ感じ





f0344254_09173691.jpg

はい、一応裏山専用のタイオガブーツを履いてます





f0344254_09173287.jpg

町で、コースはよく整備しているようです





f0344254_09232235.jpg

今秋、初ドングリ見ました





f0344254_09172795.jpg

はい、ここがいわゆる「三浦アルプス南尾根」の入り口です

私はパスして…





f0344254_09172288.jpg

自宅からもよく見える、戸根山山頂へ

むこうに見える小山が、後半に歩く予定の「三ヶ岡緑地ハイキングコース」です

天気がよければ、その向こうに伊豆半島の天城山が見えるんですけどね~





f0344254_09171814.jpg

戸根山の西側には、丹沢山塊が見えていました





f0344254_09171328.jpg

で、この先に、下りは恐怖の「250段の急階段」が待ち受けています

……ここを、クサリを捕まりながら降りるようになったら、もう”山ヤ”は

名乗れませんけどね





f0344254_09231719.jpg

私、まだ余裕で、階段脇の花などもチェック、えっもうスミレ!





f0344254_09170853.jpg
f0344254_09170413.jpg

この先も、けっこうアップダウンがあるけど、好きな尾根道です





f0344254_09165953.jpg

そして、町一番の展望スポット、仙元山です





f0344254_09165439.jpg

みどりの江ノ島の向こうに……残念ながら、富士山は雲の中





f0344254_09262847.jpg

本来ならば、こんな感じに見えるんですが





f0344254_09165188.jpg

下山道は、秋とは思えないミドリの小道

ところが、ここで(朝、リンゴ半分、ゆで玉子1個、チーズ1片しか食べていないので)

シャリバテ気味になり…





f0344254_09164509.jpg

下山したところにある、この「大判焼き店」に吸い込まれ





f0344254_09164173.jpg

禁断の、あずきタップリの1個を買い、歩き食い!してしまいました





f0344254_09163436.jpg

そこから、葉山元町の裏道を通って、真名瀬漁港近くの小磯へでると

私も、そのうちにやってみたと思っているSUPのレッスン中。

眼の前には「裕次郎灯台」と、

海辺には石原元自民党幹事長や木梨&安田成美ご夫婦の別荘もあり





f0344254_09162920.jpg

さて、そんなことはどうでもいいけど

……ここからの、三ヶ岡への登り、超急階段が待ち受けています





f0344254_09162592.jpg

階段はよく整備されてるんですけど、とにかく……数えたら490段!!





f0344254_09161069.jpg

汗ダラダラで、たどり着いた展望台からの眺めです

と、そこにヤングな外人が、短パン姿で駆け上がってきました。

なんと、これで往復2回め、あと1回往復すると言っていましたが…





f0344254_09161672.jpg
f0344254_09160213.jpg

展望台からは、なだらかな尾根道を行きます

途中、木の間越しに、近代美術館葉山と松林に囲まれた葉山御用邸が見下ろしながら…





f0344254_09155530.jpg

この三ヶ岡緑地は、県営なので、樹木の名前や東屋やベンチなども整備されています





f0344254_09155044.jpg

下り道は、緩やかな階段で、このあたり春先にはスミレ街道になるところ





f0344254_09154599.jpg

はい、よ~やっと下山口に辿り着きました

このすぐ先に、国道134号があり、突き当りが葉山御用邸です



で、家に着いたのは、なんと12時10分前(約4時間=14000歩でしたが)


「アナタ、10時に帰るってメモにあったんで…どこかで、歩けなくなっちゃって

ないか心配で、いま、ケータイにかけようかなって思ってたところよ」

「すみません、ご心配をおかけしました」







[PR]

# by shimasaan | 2018-11-04 09:32 | 里山ウォーク | Comments(4)

八ヶ岳2つの山小屋巡り山行 (3日目)





10月23日(火)


昨日、風呂に後から入ってきた成年は、

桜平までマイカーで入って、硫黄岳に登り、オーレン小屋泊。

今日はピストンで、天狗岳に登って帰ると言っていたけど…


私が、「こっちは夏沢峠を超えて、本沢温泉で(時間があったら)

日本一高所にある露天風呂にサッと入り、さらに稲子湯でバス待ちの間、

また温泉に浸かって、湯上がりのビールで乾杯!って予定」と言うと


「マイカー利用は林道奥まで入れるし、時間的にも自由だけど、

元の場所に戻らなきゃいけないし、ビールが飲めないのが…」

と、ニガ笑いしてましたが



f0344254_10163813.jpg
f0344254_10163324.jpg

さて今日は、私たちにとっては通いなれた(?)下山道なので、

でも、朝5時30分に朝食をとり、衛星TVの天気予報を見てから

6時25分に出発しました

久しぶりに食べた「ノリタマごはん」と味噌汁が、おいしかった!





f0344254_10162699.jpg
f0344254_10162160.jpg

驚いたのは、夏沢峠までのふつーの歩きやすい登山道が、例の台風で

かなり荒れた状態になっていて、でも、小屋のスタッフがチェーンソーで

倒木などを処理していてくれました





f0344254_10161587.jpg

さらに驚いたのは、夏沢峠の風力発電のプロペラが、半分以上飛ばされていた

ことです。よっぽど、風が強かったんでしょうね…





f0344254_10161171.jpg

峠から見上げた硫黄岳の、上空のうす雲が、天気が下り坂になってきた証





f0344254_10160468.jpg
f0344254_10160055.jpg
f0344254_10155417.jpg

つづら折りの下山道を、ゆっくり降りていくと

昨夜は本沢温泉に泊まったと思われる登山者が登って来ましたが…

中高年のカップルばかりで、中には私たちより高齢そうなカップルも





で、登山道から丸見えの「日本一高所にある露天風呂」がこれ

f0344254_10144136.jpg

まさか、奥さんを待たせて、こんな姿で入れませんよね!





f0344254_10155093.jpg
f0344254_10154101.jpg

本沢温泉の前には、タレ流しのミネラルウォーターが

私たちも、ここで休憩しながらパンを食べてから





f0344254_10153686.jpg
f0344254_10153162.jpg
f0344254_10152574.jpg

……少し尾根を登って、後は、だらだらと長が~いトラバース道を

ノンストップ1時間半で、みどり池に到着

昔何かに使ったトロッコの線路が、道端にず~と続いています





f0344254_10152012.jpg

みどり池と硫黄岳。池周辺の紅葉は終わっていました





f0344254_10150940.jpg

昨夏に泊まった、湖畔に建つ「しらびそ小屋」

奥さんが出てきたので話を聞くと、台風の時に池の水が溢れて、積んであった

大量の薪や登山道の渡し板がプカプカ浮いて散乱し、それを復旧するのが

大変だったとのこと。

その日も、息子さんは、林道整備のためにかり出されていると言っていました





f0344254_10150113.jpg
f0344254_10145573.jpg

下山道後半は、ずっとカラマツ林の中を緩やかに降りていくんですが

「うわー、わたしカラマツの黄葉見るの初めて! きれいーーーぃ」

と奥さん、足を止めたまま、なかなか先へ進みません





f0344254_10144744.jpg

で、標準タイム1時間20分のところを、2時間近くかけてようやく稲子湯到着。

「お腹空いた~、まず食事してから、温泉にしよう」

と入っていったら……なんと、食堂はもうやってないとか。


さらに、ロビーや廊下や温泉入口付近を探しても……ビールの自販機もナシ!!


まあそれでも、強烈な硫黄泉(すっごく熱い)に2回も浸かって

それなりに満足して、13時56分発のバスで、計画書では「松原湖駅」で降りる

予定を、急きょ駅前に食事処がある「小海駅」に変更して





f0344254_10142949.jpg

車窓から、まさに全山黄葉の景色を楽しみながら……





f0344254_10142345.jpg

「ほ~ら、あすこの凹んだところ(夏沢峠)から降りてきたんだよー」

なんて言いながら、バスが松原湖駅に向けて坂道を降り始めると、なんと

道沿いにドライブインの看板が見えるじゃないですか


「運転手さん、あのドライブインやってますかね」

と聞いたら、「やっていると思いますよ」というので、急きょ予定を変更し

バスを降りて……もう、早足で行ってみたら、


ガ~~ン、「本日休業」の看板が……

しかもこんな出店ブースがあり、まさに空腹感増加!



f0344254_10141420.jpg



奥さん、小海線に乗ってからも「あ~あ、松茸ごはん、食べたかったわね~」

と、このひとには珍しくグチってましたが


でも、乗換の小淵沢駅の売店で、酒&つまみも仕入れられたし

私の読み通り、特急あずさの自由席にも仲良く並んで座れたので、

「千曲錦」と「一番搾り」で、乾杯あ~~い!!




(終わり)






[PR]

# by shimasaan | 2018-10-28 10:28 | 山小屋泊り山行 | Comments(6)

八ヶ岳2つの山小屋巡り山行 (2日目)





10月22日(月)


早朝5時の、小屋入口外の温度計は-4度でした。

私は、(例のライトと足音で)多少寝不足の感はありましたが

まだぐっすり眠っていた奥さんを起こして…


5時30分の朝食の席に着きました

昨夕、なにも食べられなかった2人も、朝食はしっかり食べていたので

他人事ながら、なんだか安心しました。


私たちは、今日は東天狗岳2646mを超えて、オーレン小屋までなので

すこし遅出の方が、雪道の状態も良くなるのでは…と判断し

7時出発と決めました





f0344254_05152763.jpg

外へ出てみると、早出の人が2人とも6本ツメ(?)のアイゼンを装着しています





f0344254_05152325.jpg
f0344254_05152099.jpg

でも、中山峠まではこんな感じの緩やかな道なので、私たちはノーアイゼン





f0344254_05342999.jpg

稜線も、昨日降りてきた人が、「グチャグチャで大変だった!」と言っていたけど

ヌカルミもまだ凍っているので、ズンズンいけます





f0344254_05381728.jpg

霜柱の長さが、平地よりすごいので、奥さん感激(?)しています





f0344254_05151651.jpg

今日は、快晴無風なので、Tシャツ・長袖シャツ・厚手カッター・厚手フリースでも

だんだん暑くなってきて、途中からはフリースを脱ぎました

真上に見えるのは、ニセピークで(東天狗はこの裏)右が西天狗岳





f0344254_05151200.jpg

奥さん、こんどはハイマツの雪模様に感激して、なぜなぜなんかしています…





f0344254_05150723.jpg

でもこのひと、雪混じりの岩石道になっても、アイゼンなしでも

ぜんぜんビビらずに……どんどん登っていくのが、逞しい





f0344254_05150366.jpg

ニセピークの直下で休憩中、振り返っての眺望がすごいんです

雲ひとつ無い快晴で、北側には浅間連山





f0344254_05145980.jpg
中央右に、妙高・火打・雨飾山

蓼科山の左にわずかに顔を出してる白馬三山、唐松・五竜・鹿島槍と続いて





f0344254_05145548.jpg

槍の穂先もハッキリ見えてて・穂高連峰が青い屏風のようにそそりたち





f0344254_05145106.jpg

こんな眺望を楽しみながら、小屋で入れてもらった熱つ~いお茶を





f0344254_05143604.jpg

そして、東天狗岳の山頂に、7年ぶりに立ちました

左に、木曽駒・空木の中央アルプス





f0344254_05144125.jpg

南に目を向ければ、仙丈・甲斐駒・北岳・鳳凰三山、そして阿弥陀・赤岳





f0344254_05144712.jpg

で、いちばん嬉しかったのは、このアンパンとミカン

風がないので、もう陽射しでポカポカで……高い山頂で、こんなにいつまでも

憩っていたのは初めてじゃないかな


そ~いえば、昨夜体調不良になった人は、今朝は元気になっていたけど

個室の中年女性2人が、「東天狗岳の山頂付近が、すご~い怖かった」

という話を聞いて、2人で相談していたけど…

結局、小屋から下山することにしてしまったけれど、こんな快晴無風大パノラマを

見ずに下山したなんて……





f0344254_05143101.jpg

たしかに、山頂直下のこのクサリ場で、もし足元が凍っていたら

怖かったでしょうが、もう雪はすっかり溶けて無くなっていました





f0344254_05142772.jpg

東天狗岳を下だる途中で、振り返ったところ





f0344254_05142374.jpg

目の下には、根石岳山荘と、季節だとコマクサがたくさん咲いているザレ場





f0344254_05141879.jpg

少し風が出てきたので、ハイマツの陰に入って、またパンなど食べてから

箕冠山に登り、あとはオーレン小屋まで下るだけ

へー、「みのかんむりやま」じゃなくて「みかぶりやま」って読むんだ





f0344254_05141369.jpg

こんな感じのコメツガ林の中を、ゆっくり下っていきます

台風でえぐれた箇所などは、多分小屋のスタッフが補修してくれて歩きやすい





f0344254_05162018.jpg

なんと、12時少し前に小屋到着。

ホテルなんかだと、まだチェックインできないけど、とりあえず受付を

小屋前のベンチで休憩中のみなさん、美味しそうにボルシチなんか食べてます





f0344254_05135898.jpg

時間はタップリあるし、奥さんたまらずにボルシチなんか食べちゃって…

感心にも地図を広げて、勉強中(?)

私も、オデンを食べたので、眠くなっちゃった…





f0344254_05135403.jpg

で、この小屋では、先着順に同じ料金で「個室」に入れるんだそうで早着得!

この日の宿泊者は17名で、全グループが個室に入れたみたいですが





f0344254_05134922.jpg

そして嬉しいのが、ホールの「薪ストーブ」と「電気コタツ」!!





f0344254_05161325.jpg

さらに、なんと「ヒノキ風呂」に、私が一番風呂!

でもさ~、窓開けっ放しで、山ガールが通らなくってよかった…





f0344254_05133416.jpg

で、「湯上がりのビール!」は、グッと我慢して……

湯冷めしちゃうといけないので、コタツに入って書架の本などを読んでいると



この小屋の主が、薪ストーブに火をつけに来ました。

私も、薪の火付けを見るのは久しぶりなので、隣に行っていろいろお話を


一番聞きたかったのは、この小屋の「水力発電」が、あの台風の時どうなった?か

でしたが、

「昔はダムが一つだったけど、今は2つあるので、適度にオーバーフローしてくれて

停電もせずでしたよ。それに、発電機のプロペラって、この握りこぶしくらいしかない

んで、僅かな水量でも発電できるんですよ。むしろ、心配だったのは

発電し過ぎると、いろいろな箇所に障害が発生するので、その調整のために

水量を減量したりする作業でしたね」とのこと。





f0344254_05132911.jpg

それから、山小屋ではめずらしい、この「水力発電」を認可・建設するまでの苦労話や

それでも、それをやり遂げて現在に至るまでの話など……

一晩でも聞いていたかったんですが、そろそろ食事の時間が


あっ、その前に

うちの奥さんが「前に、ここでトイレを借りた時、トイレに行くまでの廊下が

ピカピカで、すっごく感激したこと覚えているわ」と言っていましたが

私は、座った水洗トイレのオシリが「おっ、温かい!」と感激したばかり





f0344254_05351316.jpg


夕方、小屋入り口の温度計をチェックにいくと、2度でした。

煙突から、薪ストーブの煙がでてて(峠の我が家)って感じですね~





f0344254_05131271.jpg

夕食は、サクラ鍋に天ぷら、っときたらカップ酒¥500なんて飲んでいられません

「本日の山おやじの酒」¥800を注文!

名前を聞いたこともない地酒「豊香 辛口純米酒」を、おうおう、なみなみと

ついでくれるじゃないですか…(隣に奥さんがいなければ、ネエちゃんきれいだね~)

と言ってしまいそう。


その、地酒のなんと美味なこと……もう止まらない

禁断の2杯目は「yokobue 純米生原酒」という、これまた聞いたこともない地酒

「アナタ、お肉たべないと…」

「いいのいいの、わたしゃ、コレだけでも幸せなんだから」



(つづく)





[PR]

# by shimasaan | 2018-10-27 05:40 | 山小屋泊り山行 | Comments(4)

八ヶ岳2つの山小屋巡り山行 (1日目)





10月21日(日)


早朝の、家出の時間とバスの時間を間違え

予定のバスに乗り遅れるという…私の凡ミスで、

湘南新宿ラインでは、新宿発8時の<スーパーあずさ>に間に合いそうもなかったので


逗子ー横浜ー東神奈川ー八王子と乗り継いで、なんとか予定の特急に乗れたんですが

自由席は、始発の新宿でちょうど満席になったって感じで……

甲府までは、立ちんぼう





f0344254_05263514.jpg
(車窓からの、甲斐駒ケ岳)



茅野10時25分発、渋の湯行きのバスに乗った登山者はわずか7人

そのうちの、一番若い山ガール2人は、高見石方面へ

残りは中高年で、私たち夫婦のほか3人は、みな単独行





f0344254_05263146.jpg
f0344254_05262712.jpg
f0344254_07045004.jpg
f0344254_05261917.jpg
f0344254_05260694.jpg

途中までは、たいして苦もなく登れたんですが……

沢道に入ると、一昨日の新雪が薄く残っており、ゴロゴロした石に

薄っすらと付着しているという、一寸の油断もならない状況が続きました





f0344254_05261384.jpg

でも途中から、小屋のスタッフがいち早く「迂回路」なども整備して

いてくれたので、無事にほぼ予定時刻に「黒百合ヒュッテ」に到着




f0344254_07045733.jpg
f0344254_05280243.jpg

昨夜(土曜)は、85名も宿泊者がいて大変だったそうですが

この日は12名。全員が、中高年でした。

私も、こんなに空いている山小屋に泊まったのは、あまり記憶にありません





f0344254_05255687.jpg

なのに、2階には、なぜか布団が狭めてびっしりと敷かれており、

ザックは1階に置いて、貴重品とヘッデンだけを持って上がってください

という指示!

(これを知った中年女性2人は、追加千円を払って、個室に引越してしまいましたが)





f0344254_05253464.jpg

じつはこの山小屋の主は、「山と渓谷」に連載したコラムが好評で

単行本化されたり、テレビなのでも度々紹介されている八ヶ岳では人気の山小屋。

……でも、どうも、いろいろ仕切っている主は、その人ではない?みたい

なので、バイトの子にソッと聞いてみると、やはり主が変わっていたんです





f0344254_05253061.jpg

あとで、次の山小屋の書架にあった本で知ったんですが

本当の主は、何年か前に、登山道で狭心症で倒れ、救助活動の末に

入院療養生活をおくり、現在は山麓の町で活動をしているとか。





f0344254_07280074.jpg

でもまあ、その主が永年築き上げてきた山小屋のムードは、

それなりに保たれているようで、それが人気なのでしょうか……

なお、トイレは水洗で、宿泊者は無料。


また、ヒュッテ内の照明が暗いのは、よく山小屋で轟音を立てて回っている

発電機は使っわずに、太陽光と風力で発電しており、

電力の大半はトイレの浄化槽でバクテリアを養うためのエアーブロワに使用し、

残りを照明に使用しているそうです。だからとっても静かなのがいい。





f0344254_05254498.jpg

で、5時半の夕食の時間になり、私の隣りに座った(わたしと同年代の)人が

食事に、まったく箸をつけず……うつむいていましたが、「だめだ」とつぶやくなり

後ろに退いて横になってしまたんです。


同行の人が「高山病になっちゃったんじゃないかな」と言うので

(この小屋は、富士山の5合目より低い2400mぐらいなので)

「あのー、ふつう高山病は3000mぐらいから上でなるんですけどね」というと

「そうかなあ~」と、信じてもらえない様子。


でも、せっかくの食事なので、手もつけられずに残っていたサラダなどは

友人が食べ、アジフライは隣席のわたしが、ちゃっかり頂いちゃいました


さらに、もうひとり、食事の席にも来ていない一番若そうな40代の女性がいて、

お仲間の女性が「たぶん、疲れが出たんじゃないかしら」

と言っているけど……この2人が、小屋に現れた時のザックの大きさが

65~75リットルぐらいもありそうで、しかもパンパンに荷が入っていたので

(どーして、あんな重装備が必要なの!?)って、私内心驚いていたんです



私は、こんな時しか飲めない日本酒をワンカップ飲んだら

あっという間に、布団に入って寝てしまったんですが……


(私の布団は、階段の一番近くにあったため)

夜中に数えていただけでも10回以上も、ヘッデンで顔を照らされ

頭を踏まれそうな足音で、目を覚まされてしまい……

さんざんな夜になってしまいました。



翌朝、隣に(フトンをかぶって)寝ていた奥さんにそのことを話すと

「へ~、そうだったの、わたし一度も気が付かなかったわよ」

だってさ!



(つづく)







[PR]

# by shimasaan | 2018-10-25 05:35 | 山小屋泊り山行 | Comments(4)

八ヶ岳2つの山小屋巡り山行 (予告)





八ヶ岳は、主峰の赤岳より南の山稜を除いて、二十歳ぐらいから

もう何度も何度も歩いてきた、大好きな山域なんですが…


今まで、泊まってみたいな~と思いながら、まだ一度も泊まった

ことのなかった2つの山小屋へ泊まりたい…

というのが、今回の八ヶ岳山行のテーマでした。




f0344254_07280074.jpg



ただ、最近は”縦走装備”での稜線歩きはしていなかった

ので、多少の不安があり、ザックの重さは(7kg以内)と決めて

いたんですが…

必要最低限の装備でも、なぜか出発前に計ったら8kgオーバー!

今回テストで新購入した「チェーンスパイク」と新「山専ボトル900リットル」

が、重いからでしょうか




f0344254_07275675.jpg



で、レポートは、ガイドブックや雑誌などでよく紹介されているコース

なので、登降の状況はカンタンにして、

今回は、山小屋での見聞をメインにしたいと思います。



(つづく)





[PR]

# by shimasaan | 2018-10-24 07:30 | 山小屋泊り山行 | Comments(6)
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30