イザ!という時の、小さなホイッスル





前回レポートの「生死を分ける山の遭難回避術」

には、もしかしたら書かれていなかった


このグッズだけは、どんな山行にも、必ずザックの中に入れて

いきましょうという、小さなホイッスル


私が、持っているのはコレなんですが…



f0344254_08275752.jpg

下から説明しますが、パープルの小型磁石と温度計に繋がれているのが

プロショップで売っているホイッスル

(筒の中に、緊急連絡先とか、血液型とかを書く耐水ペーパーが入っている)



小型シルバコンパスに繋がれているのが、

同じくプロショプで売られていたホイッスル

(筒だけですが、熊鈴を落としてしまった時、これを吹きながら歩いて無事でした)



上の、変色したプラスチックのホイッスルは

40年ぐらい前に、「サッカーの審判員」をしていた時に、吹いていたホイッスル

(じつは私、アマチュアチームで西ドイツ遠征したこともあるプレイヤーでもあるんです

が… )



ま、とにかく山行中では、いつ・どこで・どんなアクシデントに

見舞われるかわかりません。そんな時……

この小さなホイッスルが、あなたの命を救ってくるかもしれませんよ。






[PR]

by shimasaan | 2018-08-08 07:01 | 山歩きの道具 | Comments(4)
Commented by pallet-sorairo at 2018-08-08 08:49
ワタクシ、先日水の中へこけてしまった時
(http://sorairo02.exblog.jp/25750551/#25750551_1)
すぐに取り出せる場所になければダメ、と言う経験をしました。
私はいつもポシェットのファスナー付きのの所へつないで入れていたのですが、
とっさの時にはファスナーを開けるのもままならないと思ったのです。
で、今はひもを引けばすぐに取り出せる場所が定位置になっています。
念には念を入れ、持っているだけでは役に立たないこともあり、ですから。
しかし、shimaasanさんはサッカーも本格的なんですね。
なんでもござれですごいなぁ。
Commented by shimasaan at 2018-08-08 09:40
palletさん、おはようございます

そうですね、ザックの中より、理想としては首から下げて上衣の下に隠しておくというのが、
とっさの時でも、なんとか取り出せるかもませんね。

あの、サッカーはあくまでアマチュアで、たまたま部員にドイツ人がいて、彼が本国に帰国してから旅行エージェントの「日本担当」になり、彼のお膳立てで、半分観光旅行に行ったというだけでして。
でもハンブルグでの試合には、スタンドに当時ただ一人のブンデスリーガー奥寺選手や、日本人学校の校長先生以下生徒たちが応援に来てくれて……結果は、ボロ負け!でしたが。
Commented by dojyou38 at 2018-08-10 10:36
おはようございます。
台風一過の爽やかな朝とはならず、
立秋が過ぎたというのに嫌な猛暑が帰っていきました。

私も一応ホイッスルは持っていますが、
何時もヒップベルトの小さなポケットに入れたままです。

それにしてもshimasaan は凄いです。
マリンスポーツに登山、そのほかサッカーも審判から外国でのプレー。
その上、絵心も。
どれも人並み以上のレベル、恐れ入りました。

私なんか何もかもビギナーから1歩も踏み出せていません。
Commented by shimasaan at 2018-08-10 15:54
みなさん、きちんとホイッスルをお持ちのようで、安心しました。
でも、最近のスマホ世代の登山者は、たぶんそんなモンで、と笑っている気がします。

私、たまたま海の近くに住んでいたり、高校時代のサッカー部の友人の紹介で、いいアマチュアクラブに入れてもらったり、
まあ、何でもやり始めると、とことんやらないと気がすまない性格もありますが…
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31