4日目:ダハシュタインは今日も雲の中






昨日朝、駅前のバス停で、よく日焼けした私たちと同年代ぐらいの

日本人のご夫婦を見かけました。

また声をかけてみると…

なんと、先週はピレネーに1週間滞在、ここも1週間、

来週はスイスに1週間の予定で、アパートメントに泊まりながら

トレッキングを楽しんでいるという。


一昨日は(私たちは移動日)、快晴のシャーフベルク山頂で

「もう長いこと、いろいろな山に登って来ましたが

あの眺望は、今までのトップ3にはいるほど素晴らしかった……あすこは、

絶対に天気の良い日に登るべきですよ」

とのこと。



別れてから…「3週間に、3つの国のトレッキングなんて、いいわね~」と奥さん。

「じゃ、この次はせめて、ピレネーからドロミテへなんてどう」と私。

まあ、実現の可能性は?ですが……





さて、今日は「シュトゥールアルム」というところへロープウエイを使って登り、

楽勝の高原トレッキング、のハズでしたが………






f0344254_04272519.jpg
f0344254_04272178.jpg

今朝は2時40分に目が覚めて、ベッドで今日のコースの予習です

そして、今朝も朝焼けが、きれいでした

(でも天気予報は、午後に雷雨があるかもと)






f0344254_04271376.jpg

5時50分に奥さんを起こして、昨夕見つけておいた美味しそうなパン屋さんへ

早朝6時からやっていました






f0344254_04270846.jpg

ペンションの食堂には、コーヒーと紅茶が用意されているので

それと、パンだけの朝食。でも、パンが、焼き立てでおいしい!






f0344254_04270076.jpg

で、昨日と同じバスに乗って終点まで。

そこから、ロープウエイで一気に高原に上がります

目の下には、前ゴーザゼー……でも、ダハシュタインは本日も雲の中






f0344254_04265089.jpg

人気のコースは、そこからさらに上に登るコースみたいなんですが

私たちは、ほぼ降りだけのロングコースを、麓の村まで






f0344254_04264668.jpg

こんなにイロイロなコースがあるんですね~






f0344254_04264190.jpg

どーやってここまで登ってきたの? っていう牛さんたちが

のんびりと草を噛み、遠方には、高らかな峰々が…






f0344254_04263764.jpg

なんだか、ダハの上の方の雲も、とれかかってきたみたい…






f0344254_04263372.jpg

こちらの道標は、コースにナンバーが書かれているのでわかりやすい

そして、道沿いには、たくさんの花たちが




f0344254_04262578.jpg

f0344254_04261313.jpg

f0344254_04240566.jpg

f0344254_04235964.jpg

f0344254_04234701.jpg





f0344254_04262006.jpg

と、突然下からMTBに乗った、オバはんと太った女性が……

「あのメタボ体型で、よく登れるねー」と言ったら

「ちゃんと電動が付いていたわよ」だって、すすんでますね~






f0344254_04260958.jpg

1時間半ほどで、目標のヒュッテに到着です

かなり年季の入った木造りでしたが、トイレはとってもキレイな水洗でした






f0344254_04260107.jpg

そして、きのうのヒュッテで、隣の人が食べていた美味しそうなスープ

をメモしてあったので、奥さんはそれを注文

手前は、私の注文したハム、下にパンが付いています






f0344254_04232177.jpg

ヒュッテの前は、一面のお花畑でした



f0344254_04234220.jpg

f0344254_04233676.jpg

f0344254_04233084.jpg



f0344254_04255491.jpg

でも、なんだか空模様が、ちょっと怪しくなってきました

花に夢中の奥さんをうながして、さらに降ります……






f0344254_04255167.jpg

山道は、スキー場のコースを横切って続いていきます






f0344254_04231327.jpg

どうもここが、ダハシュタインの見納めの地点みたい。最後まで、雲のなかですが…






f0344254_04254770.jpg

このあたりからは、ヨーロッパトドマツの中の素敵な道です

今回は、2人とも登山靴ではなく、トレッキングシューズにしたのが正解みたい






f0344254_04254140.jpg

で、木のベンチがあったので、そこで昼食

朝買った美味しいパンと、スーパーのミニトマトと、日本から持参したチーズで






f0344254_04253791.jpg

ところがその先で、登山道が突然真新しい林道に出て……その先の

登山道が見つかりません?

右往左往したあと……諦めて林道を歩いていくと……何人かのトレッカーに

すれ違ったので、「この道でいいんだ~」とさらに進み






f0344254_04253058.jpg

なんとか、登山道を見つけて、ほっ






f0344254_04252558.jpg

そのうち、個人の別荘らしきコテージが、ちらほら現れるようになりましたが

その敷地が広大で、日本の蓼科の別荘の何倍もありそう






f0344254_04252090.jpg

そして、また林道に出ましたが……道標が見つからず、人も車も

まったく通らず、T字路に出たら、どっちへ行ったら村に出るのかも??

ええ~い、こっちだ、と私のカンで………ややくだり傾斜の林道を

かなり歩いていくと…………


じゃん! その林道の先が、上り坂になり、上の方まで続いている感じ






f0344254_04251344.jpg

「ゴメンなさい、もとのT字路まで戻りです」

と言ったけど、

なぜかカンカン照りになっている林道の登り返しは、かなり辛い!






f0344254_04250311.jpg

T字路まで戻ると、その先で、リフトを発見。

下の方を見ると、リフトの上で作業員がメンテナンスをしている

「そうだ、ここを下れば近道できるよ。ついてきて」と降り始めたけど…






f0344254_04245782.jpg

ところどころ、雑草ボウボウで、迂回しなければならず

奥さん「まってよー」と言いながら、必死でついてくる……






f0344254_04245233.jpg

で、頼みの水も、もうコレが最後。でも、もう村は近い






f0344254_04244718.jpg

そして、最後は広いゲレンデに出て…






f0344254_04244231.jpg

なんとか村はずれに降り立つと、心配だった雲がとれていていい天気



でも、「ああっ、イシュル行きのバスが、行っちゃう!」

バス道まで出て、停留場で時間を確かめると「ひどい、次は1時間20分後よ…」

と奥さん



ところがラッキーにも、すぐ近くに4ツ星ホテルがあったので

入っていってフロントの女性に

「あのー、ビールを飲ませていただけますか?」と聞いたら

「どうぞー、室内で、それともデッキで?」





という訳で、2人とも大グラスで、お疲れさまの乾杯あ~い!!



「うう~ん、とにかく雷雨にならなくって、良かったよ~」

「だけど、絵地図だけで降りてきたのは、良くなかったわよ」

「そうだね、きのうインフォが閉まってなけりゃ、トレッキングマップを

もらえたのに…。帰ったら、本屋で山岳マップも買うから」


などと、反省会をしながら時をすごいていると……






f0344254_04243452.jpg

4ツ星ホテルのデッキのハエは、ビールの味を知っているみたいで

グラスの中まで入り込んでくる。それを手でフタして閉じ込めたりして

遊んでいるうちに、時間も経過して、

「マダム、もー1杯、ビールをお持ちいたしましょうか?」

なんて、ボーイがうやうやしく聞いてきたけど「ノー、サンキュー」で、

1時間以上居座る。

でも、ちゃんとチップは置いてきましたよ






……夕方、イシュルに戻って、真っ先に奥さんが向かったのは、もちろん






f0344254_04242513.jpg

皇室御用達の菓子屋のカフェ。すごい人気ですが、皆さんの体型が……






f0344254_04230461.jpg

彼女のは超おいしそうでしたが、私はグッと我慢して

一番シンプルなバニラ1個を注文






f0344254_04243055.jpg

で、岩塩専門店でおみあげ用の岩塩を6個も購入。

(1個200gで、合計1.2kgもありけっこう重い)



で、インフォに寄って「トレッキングマップ」をもらおうとしたら、

ゴーザウゼーのあたりは違う地域で、私たちがビールを飲んでいた

ホテルのちょっと先にインフォがあったことが判明したけど…


本屋にも寄ったけど、山岳地図は本格的すぎて、パス





f0344254_04241052.jpg

そして、今夜の夕食はコレだけ。

とにかく疲れていて、シャワーを浴びたら、一刻も早くベッドに

寝転がりたかったので…




(つづく)









[PR]

by shimasaan | 2018-07-22 04:49 | 海外トレッキング | Comments(4)
Commented by dojyou38 at 2018-07-22 10:54
今日もまずまずの天候に恵まれて、ちょっと緊張感あるトレッキング楽しまれましたね。

こんなにたくさんのルートがあれば正確なマップなければ迷うでしょう。
地元の方には道標なんか無くて当然みたいなところも、初めてでは躊躇するところもたまにありますよね。

ダハシュタインですか、写真で見せていただいても岩峰の凄さ迫力とスケールに圧倒されます。
ライブで接っされさぞ感動されたことでしょう。

今日も珍しいたくさんの花、有難うございました。
白い花はバイケイソウの仲間でしょうか。
日本のものより随分花付きがいいです。

お土産に岩塩を買われましたか。
岩塩と言えばウズベキスタンを思い出します。
ソ連から独立間もない頃で、新聞紙の袋で売っていましたが、
ビニール袋をリクエストすると、袋と塩の値段が同じくらいでした。
その塩まだ使っています。

では、次のUP待っています。
Commented by shimasaan at 2018-07-22 14:29
dojyouさん、こんにちわ

毎回、見ていただきありがとうございます。
三浦アルプスなどでも、たまに「絵地図」みたいなものを持って歩き、迷っている人がいて、「ダメだよ、ちゃんとした地図をもたなきゃ」なんて奥さんに言っていたのに。
今回は、まったく見知らぬ山域で、絵地図だけで行動してしまい、自分の甘さを反省しました。
それから、花のご質問を今回も受けているんですが、私、花のことはほとんどわからないので、申し訳ありません。
ウズベキスタンで買われた岩塩が、今でも残っているなんて素晴らしいですね。うちのは、まだ開封してませんので、なにか特別な日にでも使ってみようかと思っています。
連日の猛暑で、ブログ作成作業も滞りがちですが、なんとかガンバリます。
Commented by weekend-mountain at 2018-07-23 22:03
こんばんは!
山や花の写真も素敵ですが、何といってもパンの写真が堪らないです(^^)冒頭の写真の黒っぽいクロワッサン(?)と、三つ編みみたいなパンがとっても美味そうでヨダレもんです。
ハムとピクルスのパンも素晴らしく美味そうで、実に飯テロで困っちゃいます(;^ω^)
ナッツたっぷりのアイスも美味そう!
続きを楽しみにしております!
Commented by shimasaan at 2018-07-24 05:19
タケさん、おはようございます

麦が違うのか、水が良いのか…わかりませんが、こちらパンは半端なくおいしくて。
それに、早朝から開いているので助かりました。
家にいる時は、毎朝、リンゴと茹でタマゴ1個とチーズ1個しか食べないんですが
こちらでは、毎朝、美味しいパンを2個も食べてしまいました。
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31