”滝の神山”のヤブ遊び






ヒザ&腰の具合は、まだ多少の不安はあるものの、

日常生活をするうえでは、もう大丈夫そうなので……


図書館から帰り、水彩画を描いてから

一人でお昼ごはんを食べて

(奥さんはお友達と横浜で昼食会をしたあと映画を観にいく)

ということなので、

裏山歩きをするつもりが……


かねてから、気になっていた







f0344254_07563770.jpg

自室の窓から、朝な夕なに眺めている、あの三角形のピークへ





f0344254_07563435.jpg

「滝の坂」バス停で降りると、目の前に階段があり

登ると、すぐに六地蔵さんが出迎えてくれました





f0344254_07562854.jpg

さらに登ると、このお寺の由来が……

なるほど~、けっこう由緒あるお寺のようです





f0344254_07562476.jpg

おお、本堂も立派です





f0344254_07562096.jpg

そこから、中庭を横に進むと、こんな観音さんや





f0344254_07561575.jpg

お坊さん(法然上人)の像があり





f0344254_07561020.jpg

墓地の間を登っていくと、こんな石仏群も






f0344254_07560525.jpg

行き止まりにには、石塔と…

ここにもイノシシが出没しているんでしょうか、捕獲檻が





f0344254_07560088.jpg

え~と、この小さな紫色の花は、なんだっけ?





f0344254_07555544.jpg

で、振り返ると、湘南国際村が丘の上に望めます





f0344254_07554946.jpg

さて、此処から先は、かなりの”ヤブ漕ぎ”覚悟で

昔か~し、鎌倉の植木屋で修行(?)していた時の

プロ用の道具が心強い!





f0344254_07554515.jpg

で、いきなりのヤブ&倒木の世界に突入したんですが

………おもったより、通り抜けしやすそう





f0344254_07554112.jpg

しかも、誰か先人がいたらしく、古い目印テープが





f0344254_07553685.jpg

上に登るほど、アオキが繁っていて、多少苦戦しましたが……

およそ30分で、ここが山頂と思われる場所に到達しました





f0344254_07553160.jpg

でも、展望は全く効かず、でも、桜の木が何本もあったので

(春になったら、ここで静かにお花見もいいじゃん)

と思いながら、あたりのヤブをノコで整備しました





f0344254_07552595.jpg

で、またヤブに突入して降りてくると

なぜか、登ったのとは違う場所に降りてしまい

南向きの、いい場所に、先祖代々のお墓が在り

谷をへだてて向こうには、特養の立派な施設も見えます





f0344254_07552096.jpg

さらに、こんな立派な大仏さんと、ご対面~ん





f0344254_07551499.jpg

というわけで、それなりに楽しい一人ヤブ漕ぎ遊びも終了。

同じ「滝の坂」で、バスを待っていると

なんて立派なクスノキなんでしょう、右下の車と比べてみてください



あ、それから、

前に地元の古老に聞いたところ、このピークには名前なんか

無いということなので、

私が勝手に「滝の神山」と命名いたしました。






[PR]

by shimasaan | 2018-02-12 08:07 | その他あれこれ | Comments(6)
Commented by pallet-sorairo at 2018-02-12 22:39
こんばんは。
住宅地にほど近い野山をこんな道具を持って歩いているって
shimasaanさん、アヤシイヒトと思われること間違いなし!
ではありませんか(^^ゞ
それにしても、調理師やら植木職人やら、その他もろもろのお仕事の数々…
ううむ、やっぱりアヤシイヒトかも(^^ゞ
Commented by shimasaan at 2018-02-13 07:18
palletさん、お早うございます

剪定バサミと折りたたみノコは、ザックの中に入るんですが、刈り込みの柄がザックの外に飛び出るので、タオルで巻いて隠しましたよ。
でも、お墓参りのファミリー1組しか出会わなっかたし、神妙な顔をして通り過ぎたので…
現役を引退した時、昔か~しからなりたかった”木の上に登る人”になろうと、鎌倉の名のある植木職の親方のところに行き、「私、岩登りをしていたので、高いところはへいっちゃらです!」と言ったら、即採用になりましたが……
ある時、親方と2人で横浜の大きなマンションの植木をメンテナンス・チェックにいった時の帰りに、車の中で
「オメーはな~、将来的に植木屋は無理だから。今のうちに、職替えした方がイイぞ~」
と言われて、がっくり。
で、その理由が、なぜか”正直過ぎること”だったんですが……
Commented by dojyou38 at 2018-02-13 11:35
「滝の神山」命名おめでとうございます。
国土地理院に届け出たら地図に採用され記載されるかもしれませんよ。
九州に居た頃、山友が地理院に提案して採用されたことがあると言っていました。

新善光寺、由緒が有り随分境内が広いようですが良く管理が行き届いているようですね。
あの仏像群はどこかに、或いは国際村開発のときに、
開発区域に祀られていたものを集めたものかも・・・。
何時か拝観してみたいと思います。

小さな紫色の花、オオイヌノフグリのように見えますが自信はありません。
Commented by shimasaan at 2018-02-13 12:34
dojyouさん、こんにちわ

あのピークは、国土地理院に届けるほどの風格(?)は無いので…
新善光寺の、異常に多い仏像群は、ご指摘の通りそうゆう開発で破棄されそうになったものを納めて供養したものかもしれませんね。
今度いつか、お寺の住職にでも聞いてみようと思います。
そうでした、オオイヌノフグリでしたね。
Commented by TAKKY at 2018-02-14 03:50 x
フリーランサーは何でも屋ですよね。山も登れば、スキーもする。グルメもするし、薮こぎもする。良い歳をとったということですね。久しぶりに馬曲温泉、野沢温泉に行ってきました。でも、腰が痛い。
Commented by shimasaan at 2018-02-14 08:37
TAKKYさん、お元気そうでなによりです

馬曲温泉は知りませんでしたが、野沢温泉には、例の技術選で毎冬通っていたので……懐かしいですね~
温泉に入ってきたというのに、腰が痛いとは?
私のように、少し痛みが治まったら、まいにち積極的に腰痛体操をすると、かなり効果がでると思いますが。
まあ、こんな雪のない所に住んでいて、多分毎日が雪かきのそちらの生活の大変さを思うと、とにかくお大事にというしかありませんが…
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31