なぜ焼石岳に、3泊4日で




さて、お盆休み山行なんですが…2ヶ月ほど前に

「今年は、どこへ行こうかな~」「どこへ行きたい?」

などと、話し合ってみたけれど。

8月中旬ともなると、キレイどころの高山植物は、あらかた終わって

いるし、さりとて、展望は良くても岩山のゴツゴツ歩きはしたくないし……



近くの本屋に行って、山の雑誌の最新号やムック版を見てみたら

どこも、北アや南ア北部や八ヶ岳などの特集ばかり。

ということは、山小屋はどこも満員に近いハズで、わざわざそんな状況

の時に、たとえおすすめコースであっても、行く気がしない。



で、ハッとひらめいたのは、東北の百名山以外の山。

で、東北と言ったら、やっぱり温泉でしょ。



どこかひなびた(?)温泉をベースに、マイペースで登れる山はないかなー

と、今度は図書館へ行って、

山渓発行の新・分県版ガイド「岩手県の山」「宮城県の山」「福島県の山」や

アルペンガイド「東北の山」などを借りてきて、見ていたら……



f0344254_04510216.jpg


ありましたよ、

秘湯・夏油温泉に泊まって焼石岳という、アラセブンの山歩きには

ピッタリのコースが。

奥さんに「夏油って書いて ”げとう”って読む温泉知ってた?」

と聞いたら、

「知ってるわよ、前にテレビでやってたから。一度行ってみたいって

思ってたとこ」

というので、ほぼ決定。


即、宿の手配とキップの手配を。

宿は電話を入れたら、東北人らしいのんびりした声で「お盆休みの頃なら

まだ空いていますよ~」とのこと。

でも、例の「えきねっと」の3割引きのキップは1ヶ月前からじゃないと

発売していない。

……で、1ヶ月前まで待って、IT予約しようとしたら…せこいJRは、

お盆休みの時期は3割引きのキップはグリーン車しかなく、

仕方なく普通車の1割引きキップを購入することに。



計画では、新幹線で仙台まで行って、

ローカルの東北本線に乗り変えて、松島などを眺めながら北上駅下車。

そこからのバスを調べたら……ええっ、夏油温泉までのバスは

紅葉の時季にしかなく、途中の村までしか行かない。

さりとて、タクシーで1時間近く走るのもなんだな~と思っていたら

「元湯夏油」の送迎バスが、1日1往復ありました。

で、結局1日目は、新幹線で北上駅下車。送迎バスで、温泉宿へ

直行ということになりました。



話は少し長くなりましたが、そーゆうことで、15日(火)~18日(金)は、

天気予報が4日間とも◎と●で、どーなるのか心配なんですが…

まあ、とにかく3泊4日で、東北の山に行ってきま~す!






[PR]

by shimasaan | 2017-08-15 04:53 | 温泉宿泊まり山行 | Comments(6)
Commented by BBpinevalley at 2017-08-15 06:31
お二人で山歩き。
ご趣味が一緒で、楽しいことですね。
のんびり歩いて、温泉でゆっくり。
天国のよう。
楽しい旅の記録、楽しみにしています。
Commented by pallet-sorairo at 2017-08-15 14:40
もちろん栗駒山にも登られるんですよね?!
ここは長いこと温めているんですが
電車バス派には足回りが悪くて、ついあとまわしにしているのです。
大いに期待してレポ待ってます!!
Commented by shimasaan at 2017-08-20 04:55
BBpinevalleyさん、おはようございます

昨日夜遅く、山から帰ってきました。
予期せぬアクシデントがあり、山中でビバークし、
4泊5日の東北の山歩きになってしまいました。
なお諸般の事情で、今回の山行のレポートはいたしません。
このブログも、当分は「山の水彩画」のみ更新します。


Commented by shimasaan at 2017-08-20 04:56
palletさん、おはようございます

昨日夜遅く、山から帰ってきました。
予期せぬアクシデントがあり、山中でビバークし、
4泊5日の東北の山歩きになってしまいました。
なお諸般の事情で、今回の山行のレポートはいたしません。
このブログも、当分は「山の水彩画」のみ更新します。

Commented by dojyou38 at 2017-08-30 14:40
良いところがあってラッキーでしたね。
shimasaan のように旅行先が決められたらいいな~
Commented by shimasaan at 2017-08-30 18:06
dojyouさん、こんばんわ

昔から、あまり人が行かない場所へ行くことが好きだったので、あえて、百名山をはずして行ってみたんですが……
夏油温泉は、予想以上に良かったんですが、山の方は、あえて選んだマイナールートで難儀してしまいました。
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31