間に合った!不老山のサンショウバラ





6月4日(日)に、

サンショウバラを見に明神峠から不老山を歩いてきました。

前日、ヤマレコでチェックしてみると……

どうも、もう終わりかけてるみたいで、心配だったんですが





f0344254_05193684.jpg

4年前は、駿河小山駅前から増発バスが出るぐらい

すごい人だったんですが…たったの13人だけ





f0344254_05193246.jpg

車窓から、左・湯船山~~~右・不老山の稜線が見えてます。

イメージでは、明神峠からほぼ水平なトラバース道ですが

けっこう下ってますねえ





f0344254_05192749.jpg

明神峠からほんの少し登ったところのベンチで、

ほんの少しパンを食べながら、金時山方面を





f0344254_05192253.jpg

コレは何の林でしょうか…

アプローチとしては歩きやすくていい感じ





f0344254_05191789.jpg

で、しばらく行くと、このコースで一番大きなサンショウバラの

木がありますが…まだ、咲いてました~





f0344254_05190765.jpg

トウゴクミツバツツジも、ほんの少し、かろうじて残っていました





f0344254_05190153.jpg

湯船山山頂にできた、新しく立派な道標。

ここは「富士山トレイル」のコースになっているんですね



このあたりから、ブナの巨木が現れはじめます

f0344254_05185685.jpg
f0344254_05185175.jpg
f0344254_05184473.jpg



f0344254_05183805.jpg

さて、2回めの休憩は、待望のカリントウです

こんな時にしか食べられないので…でも、ちょっとだけよ!





f0344254_05183329.jpg

で、「サンショウバラの丘」に来てみたら…ここは、もう終わってました。

向こうに見える山頂が、不老山ですが





f0344254_05182945.jpg

もうお腹ペコペコなので、ここでお弁当。

この方面の山に来る時のお楽しみ、大船軒の「鯵の押し寿司」です





f0344254_05182325.jpg

この場所、以前は「樹下の二人」と言われていたんですが…





f0344254_05181610.jpg

はい、いよいよ不老山山頂間近、なぜか金時さんの立つ道標が





f0344254_05180450.jpg

はあ~い、着きました、不老山山頂です。展望はありませんが…





f0344254_05181091.jpg

間に合いました、サンショウバラ、まだ咲いていました!

間近でみると、この地域にしか咲いていない

日本最大の野生のバラというのが実感できます





f0344254_05175912.jpg

下りは、林道歩きはヤなので、出だしはけっこう急な尾根道を…





f0344254_05175259.jpg

この尾根道の楽しみは、何と言っても地元の岩田老がすべて手製した、

含蓄のある道標が……まだ、あちこちに残っていました





f0344254_05174715.jpg

後半は、傾斜のゆるい尾根をダラダラと下っていきまして



f0344254_05174103.jpg




f0344254_05173440.jpg

はい、この道標が見えたら、いよいよ里も近い





f0344254_05172910.jpg

で、最後の長い急階段。しっかりした、手摺があって助かりました





f0344254_05172351.jpg

ところが、里へ降りてからが、けっこう大変なんです。

川のすぐ対岸に駿河小山駅があるんですが、なせか橋はなくーーー

ーーーグルっと、25分も大汗かきながら大回り





f0344254_05171782.jpg

橋のたもとの、こんな岩田老のメセージに励まされ…

(まだご健在なら、90歳は超えているはずですが)





f0344254_05171071.jpg

しかし、駅前には、観光案内所はあるのに、酒屋がない!!

……で、しかたなく、自販機のアイスモナカ3分の1で我慢して。

帰りの大船駅で途中下車して、いつもの「千馬」で

いつもの、おいしい水餃子をいただきました。






[PR]

by shimasaan | 2017-06-17 05:27 | 日帰り山行 | Comments(6)
Commented by weekend-mountain at 2017-06-17 21:16
こんばんは!
サンショウバラの見頃に間に合って良かったですね(^_^)/力強い感じの花の様で、見てみたいと思いました。ブナの林も魅力的です!
それ以上に、最後の水餃子が美味そうで、夜に見てしまうと食欲が止まらなくなります(^^;;
Commented by shimasaan at 2017-06-18 05:26
タケさん、おはようございます

今は、ヤマレコで咲いているかどうかの情報が、タイムリーに見れるので活用しています。
花も魅力的ですが、私は、ブナの新緑の林を歩くだけでも、とても気分が良くなります。
それと、水餃子については、私ウルサイんですが(昔、横浜~東京まで足を伸ばして、水餃子行脚をしたこともあって)ここの水餃子は、毎日中国の料理人が作っているとかで……
Commented by BBpinevalley at 2017-06-19 10:50
サンショウバラ、見られて良かったですね。
花びらが単で、綺麗な花。
香りはあるのでしょうか…
葉っぱが山椒の葉のようだから、サンショウバラ?(違うか)

最後の水ぎょうざ、とても美味しそう〜
Commented by dojyou38 at 2017-06-19 11:13
サンショウバラ、初めて見せて頂きました。
随分大きな花でたくさん花弁を着けるバラですね。
ハマナスの花を大きくして弾けたようなイメージです。
花期が短いのにヤマコレで調べたとは言え間に合って良かったです。
ブナの巨木も九州辺りのより一回り大きいようだ。

岩田老の道標味わいありますね。
こんな道標見たことありません。いつか出会ってみたいです。

弁当、何時も大船軒で贅沢ですね。
九州では仲間に合わせてコンビに弁だったが、
これから単独行のときは真似してみようかな。
Commented by shimasaan at 2017-06-19 15:16
BBpinevalleyさん、こんにちわ

サンショウバラの香りは、風に乗ってはきませんが……鼻を寄せると、ほのかなバラのような香りがします。
名前は、そのと~り、葉っぱが山椒に似ているところから付けられたんだそうですよ。で、あまり鼻を突っ込むと、トゲにやられます。

水餃子は、中のアンよりも、皮のモチモチ感と店独自のタレがポイントですが、ここのは両方共に私の味覚に合っていて…
まあ水餃子は、中国では、ごはん代わりだと言うことなので、気取らない庶民の味といったところでしょうか
Commented by shimasaan at 2017-06-19 15:33
dojyouさん、こんにちわ

昔は、西丹沢の檜洞丸あたりにブナの巨木の林があったんですが…首都圏からの酸性雨で、今では全滅に近い状態になってしまっていて…
かろうじて、湯船山から三国山稜にかけてに、まだブナの巨木の林が残っている状態です。

そして、岩田老手作りの味わいの深い道標ですが、今回は、もうあちこちで道端に腐れ落ちている姿を見て、
ウチの奥さんに「そうだ、老後の生きがいとして、この看板の”復刻版”を制作してみようかな…」とつぶやいたら、そうね~と半信半疑の顔をされましたが…

あの~ 大船軒弁当なんて、贅沢でもなんでもありませんよ。苦労してたどり着いた山頂で、コンビニのお弁当は食べたくないだけです。
ちなみに、大船駅構内の改札のすぐ脇の売店は、年中朝6時からやっていますから、重宝しています。
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31