それなりに楽しかった、雨中撤退山行。



天気予報は夕方あたりから雨だったけど、この後の天気予報も、ず~とグズつき模様なのと、
ミツマタがもう終わりかけていたので、予定どりに家を出た。

f0344254_08365567.jpg
ところが、バスが丹沢湖畔を走る頃には、雨が降りだし、
世附権現山方面はガスがかかって見えず

f0344254_08370151.jpg
で、バスの乗っていた登山者6名のうち、他の人は途中で降りてしまって、
浅瀬入口で降りたのは私一人。
長~い隧道を抜けて、傘をさして浅瀬集落まで約1時間の車道歩き中にも、
追いぬかれたクルマは1台のみ。

f0344254_08370716.jpg
車止めの手前の道脇には、渓流釣りと思われる5台のクルマが止まっていた。


f0344254_08371394.jpg
その先で、浅瀬橋を渡った先に、
本日めざす「椿丸」へのバリルート取り付きがあるハズだけど…
ほとんどガケに近い急斜面で…
でも、なんとか踏み跡らしきものを見つけて尾根に取り付く


f0344254_08371978.jpg
踏み跡は、ところどころ落ち葉で不明瞭になるけれど、尾根を外さなければ
780mピークまではひたすら登るだけで間違えることはないだろう


f0344254_08372440.jpg
しかし、標高差で160mぐらい登ったややゆるくなった斜面で、
お腹が少しすいてきたので立ったままパン休憩。時間を見るともう11時。


f0344254_09083514.jpg
で、何気なしにワキの樹をみたら、ガ、ガ~ン、クマの爪痕が…
(おらおら、オレのテリトリーに勝手に入ってくるな~)と警告されているみたい。


f0344254_08374055.jpg

しかも、雨脚はだんだん増してきたようだし、
これから登っていく方面はガスでまったく見えず、目指す「椿丸」の山頂に立ったとしても、
西丹沢の素晴らしい眺望はまったく期待できないし、ソレよりも、

今登ってきた急斜面を、帰りに降る頃には、もっとスリッピーになるはずで、
左膝にはサポーターをしているとはいえ、その下降も不安だし……
多分、本日この山域に入っている登山者は一人もいないんじゃないかと思えるし……
で、ここで撤退を決定。

f0344254_08374557.jpg
帰り道、行きには気が付かなかった「クマに注意」の看板。


f0344254_08375777.jpg
でも、道端にわずか2株咲いていたミツマタに、少し癒やされながら



f0344254_08375089.jpg
……歩いてくると、ちょうど釣り師がクルマに乗り込んで帰りそう。
浅瀬入口のバス停まで乗っけてもらうつもりが、渓流釣りや海釣りの話が盛り上がって(?)
………とうとう、JR小田原駅まで!送ってもらちゃった。


f0344254_08380461.jpg
そして駅上で、温ったか~い「名代箱根そば」を食べながら、
まぁ、それなりに楽しかった雨中撤退山行をかみしめたのでした。







[PR]

by shimasaan | 2015-04-05 08:52 | 日帰り山行 | Comments(0)
line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31