新春特別展 ウインタースポーツを描く



f0344254_00070421.jpg

「クビットフェイルの大雪原で」


白いオッパイのように優しい山並みがどこまでも連なる、ノルウェーのクビットフェイルの大雪原で

XCスキーを楽しむ、素敵な老夫婦にお会いした。

言葉は通じなかったけれど、走るのを中断して私のカメラのモデルになってくれた。

こんな極寒の中でも、ふたりの穏やかな笑顔がよかったなァ……

私たちは、

ノルウェー語と日本語で、「じゃ、お元気で、さようなら~!」と言って、別れた。






f0344254_00071022.jpg

「1/2000秒の残像  001」


スキー・ワールドカップを追いかけて、ヨーロッパを転戦していたころ

私はなぜか、女子のレースを撮らされることが多かった。

アニタ・バハター(小リスのように小柄で、可愛いいAUTの選手)が、いかつい大女を相手に

胸のすくようなスリリングな滑りで、表彰台に上がるのが楽しみだった。








f0344254_00071536.jpg

「1/2000秒の残像 013」


キッツビューエルと並んで、クラシックレースの大舞台ウェンゲン。

この大半径高速ターンは、バックにアイガー北壁を従えて、いやがおうでも迫力満点。

すぐこの後に、奈落の底へ飛び降りる断崖絶壁が待っている………






f0344254_00072271.jpg

「1/2000秒の残像 014」


私は今、これを描きおえて、歴史の証人になった気分だ。

……その昔、アルベールヴィル冬季オリンピックでは、命知らずの男たちが、

衝立のような氷壁を、ただ真っすぐ滑り降りるキロメーターランセという狂人的公開種目があって、

私は3日間も、この氷の急斜面に張り付いて、シャッターを押し続けていたのだ。

(今思うに、私だって、命がけだったんだぁ……)







f0344254_00073038.jpg

「1/2000秒の残像 015」


初めてスノーボードの滑りに見とれてしまったのは、コロラド州ビーバークリークでした。

日本いえば、安比高原ってイメージの、パウダースノーとロングな林間コースが売りの高級(?)リゾートなんですが。

そこの美人インストラクターがゲレンデを案内してくれることになり、

「私はコレで滑るから、後をついていらっしゃ」と、

みごとなプロポーションのボディをくねらせながら、粉雪の林間コースを優雅に滑っていく後ろ姿に、

こっちは必死についていったという、なんともアメリカンな思い出が残っています。







f0344254_00074433.jpg

「1/2000秒の残像 024」


12月にバルディゼールで開催されるレースは、「プルミエール」と呼ばれる(初雪)大会。

シーズンインしたばかりのダウンヒラーが、気合を入れて突っ込んでくる。

恐ろしいトラップが、いくつも待ち受けているのに……








f0344254_00075267.jpg

「1/2000秒の残像 027」


エクストリームスキーの日本語訳を、なんと表現したらいいのかわからないけど、あえて言えば

”自殺行為的・断崖飛び降りスキー”とでも…アラスカの世界大会を取材に行った時は、さすがの私も尻込みし、

遠くから双眼鏡で、その信じられない行為を見ていただけだった。正に、クレイジー!!!






f0344254_16554104.jpg

「さようならステンマルク、きみの滑りを見れてよかった」(秒028)


その時、志賀高原焼額山の特設GSコースにつめかけた多くのアルペンファンの眼前で、

この不世出の天才スラローマーは、まるで躍るような、それでいて力強く美しい滑りを見せてくれた。

私が、ワールドカップに関わることになった、想い出深いワンシーン。







f0344254_16555179.jpg

「1/2000秒の残像 036」


目の前を、素肌にわずか数ミリのダウンヒルスーツに身を包んだ肉体が、時速120kmオーバーで、

一瞬のうちに滑りすぎる。…そのスゴさに、シャッターを押した後も、指先が震えている。








f0344254_16555831.jpg

「ラウバーホルンのスタートハウス」 (秒039)

スキー・ワールドカップの中で最長のダウンヒルコース、ウェンゲン。

スケールはかなり違うけれど、日本に例えるなら、剣岳を望む立山山頂からスタートして
黒部の谷底まで一気に滑り降りて行くようなもの。

それにしても、この氷雪をまとったアイガー北壁の、怖いような美しさは……







f0344254_16553190.jpg

「ティーニュで、鳥人になる」


それまでに、滑空程度だったら20~30回ぐらいテイクオフして、地面を離れたことがある。

でも、ここはパラパントの本場というか、まるっきりスケールが違うフレンチ・アルプスの絶壁の頂。

私は、インストラクターの背中にしがみついているしかなかった……

で、スキーで直滑降して、テイクオフ!

(……アチャー、なんかチビリそうなぐらい怖いけど、爽快感で背すじがヒクヒクしてきたゾ……)





ご来場ありがとうございました。










[PR]

by shimasaan | 2015-01-01 00:33 | 山の水彩画 | Comments(2)
Commented by pallet-sorairo at 2015-01-01 08:08
元旦から堪能!
ありがとうございました。
あっ、ご挨拶忘れるところだった。
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(^^。
Commented by shimasaan at 2015-01-01 08:22
palletさん、あけましておめでとうございます。

ウインタースポーツの絵は、いわば私の自叙伝みたいなものなので、
このグログに載せる気はなかったのですが……

アルパカの年始のカット、
palletさんらしくて、微笑してしまいました。

今年も、楽しい山登りを続けたいですね。


line

地図を読みながら、不安な両ヒザをだましだまし、血糖値を管理しながら、さらに緑内障の進行をくい止めながら、それでも楽しく山を歩きたい。


by shimasaan
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31